RELATIONS INC.
RECRUIT & INTERNSHIP

INTERVIEW

社員インタビュー

社員インタビュー

5人が語る5つの決意、5つのリレーションズ。

メンバーがどのような経歴で何の役割を担っているかに加えて、
どのような決意を掲げて、会社のビジョンと向き合っているのかをご紹介します。

SayakaFukusato

O2Oアプリ プロダクト責任者

プロフィール

デジタルマーケティング事業部所属。名古屋大学工学部を卒業後、㈱NTTデータを経て入社したグリー㈱では、ネイティブアプリのディレクターを務める。リレーションズ㈱入社後は、COGOOなどのビジネスモデル構築を担当し、現在はO2Oアプリのディレクションやビジネス開発などを担う。野菜ソムリエの資格を持つ。

MY PURPOSE IS変化を楽しむ

入社以来、ハードウェアもソフトウェアも、BtoBもBtoCも、同じ企業で働いているとは思えないほど様々な仕事をしてきたんですが、その度に自分のスキルや価値観が変わっていくのが面白いんです。その時やりたいと思ったことに全力を注ぎながら、仕事も家庭も遊びも全部ひっくるめて「毎日が文化祭!」みたいにしたいです。

CLOSE

ReiFunaba

SELECK編集長 広報責任者

プロフィール

SELECK編集長。東京大学法学部を卒業後、リーマン・ブラザーズにて株式金融商品の組成・販売を担当。その後オックスフォード大学への留学を経て、化粧品メーカーにて香水のブランド・マーケティングに従事。世界一周旅行から帰国した後、リレーションズに入社。SELECKの立ち上げに参画。名前は舟迫鈴と書いて「ふなばれい」と読む。

MY PURPOSE IS自分勝手

夢はないです(笑)。昔はエリート志向が強いタイプだったんですが、1社目の会社が倒産した時に気付いたんですよ。自分はもともと夢や目標はない人間なのに、無理やりこじつけていたんだって。今はそんな自分にも向き合えていますし、結局先のことは分からないので、その時「一番楽しいこと」をして生きていたいですね。

CLOSE

MotomuIshikawa

スマートメンテ プロダクトマネージャー

プロフィール

スマートメンテ開発ディレクター。京都大学工学部を卒業後、新卒でリレーションズ㈱に入社。Less is Plus事業部にてコンサルタントとして経験を積んだ後、2つの新規事業開発に携わる。スマートメンテには企画の段階から関わり、現在はiOS / Androidの開発ディレクションを担当。最もよかった旅行先はマサイ族の村。

MY PURPOSE IS課題解決

ITで社会を良くしていきたいですね。大学生の頃、太陽光パネルの故障が検知できるWEBサービスを作っていて、「ITって人の生活を変えられるんだ」と感じたんです。スマートメンテでは修理業界の課題解決を目指しているんですが、まだまだ世の中にはたくさん課題があるので、それらを1つでも多くプラスに変えていきたいです。

CLOSE

OkumiyaSeiichi

スマートメンテ エンジニア

プロフィール

スマートメンテのリードエンジニア。早稲田大学第一文学部を卒業後、3年間プロとして音楽活動に従事。その後、コンシューマ向けPCソフトやスマホアプリを開発するプラト株式会社にて、エンジニアリーダー・開発ディレクターを務める。えいご漬けなどのヒット商品の開発に携わったのち、リレーションズに入社。好きな生き物は猫。

MY PURPOSE ISサービス

コンシューマ向けの製品やサービスを作る仕事をしていて、自分が携わったモノが誰かの役に立ったり喜んで使ってもらえたりっていう経験を数多くさせてもらいました。それがなによりも冥利につきるというか、自分がエンジニアをやるモチベーションになってますね。作りたいサービスがあるときに、技術の力でそれを実現するのがエンジニアの役割だと思ってます。これからも人々に喜ばれるサービスを実現するために貢献していきたいです。

CLOSE

MasanoriUeda

デザイン戦略室 ディレクター

プロフィール

リレーションズのデザイナー第1号。大学・大学院ではスマホや組み込みシステムを利用した学習教材を開発。大学院卒業後、新卒でリレーションズ㈱に入社。2つの新規事業のエンジニアとして経験を積む。オフィス増床時のオフィスデザインのディレクションを担当し、それ以降デザイナーに転身。芸大に通いながら社会人学生として日々精進。

MY PURPOSE IS好きの力を信じる

ぼんやりと月に行きたいなと思っています。日帰りな感じで。でもそのためには問題もたくさんあって、解決し続けなければ話は続かないです。でも好きなことややりたいことがあるから、今やりたくないことも楽しめます。解決するごとに少しづつ進んでいる気がするので。そんな感じです。"好きの力を信じる"という言葉は、水木しげるさんの「幸福のなるための七ヶ条」よりお借りしました。好きな言葉の一つです。

CLOSE

PURPOSE

RELATIONS INC. RECRUIT & INTERNSHIP

>>>ENTRY

GO TO BLOG